店長のくつろぎブログ
ホーム店長のくつろぎブログ > 八十八夜に思う

八十八夜に思う

2014/05/02

八十八夜とは?


今日5月2日は八十八夜でしたね。
八十八夜とは、立春(2月8日頃)から数えて88日目の事を言います。

「♪夏も近づく八十八夜~」で始まる『茶摘み』という歌は、日本人なら誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか?

「八十八夜の別れ霜」という昔の言葉があるように、この頃から霜もなく安定した気候となり、茶摘みや農作業を始める目安とされています。

また、八十八夜に摘まれた新茶は縁起物で、不老長寿の飲み物として今も珍重されています。

ただ宮崎をはじめ早場所の地域では、温暖化の影響ですでにお茶の摘採もピークを過ぎている地域が多いのも事実で、ここ数年はいつも複雑な心境でもあります。

全国各地でこの八十八夜に合わせ、茶摘みなど様々なイベントが行われたようです。
昔から環境は変わっていきますが、日本人にとって良き風景であり、海外にも発信できるコンテンツとして、大事にしていきたいものです。
ページの先頭