店長のくつろぎブログ
ホーム店長のくつろぎブログ > 2014年03月の記事

出産の内祝いにお茶を!オリジナルパッケージが人気

最近、出産の内祝にオリジナルパッケージのお茶が人気です。
「出産祝いのお返しに悩んでたんですが、ここのお茶屋さんのウワサを聞いて」というお客様がご来店くださってます。
出産の内祝いにお茶を1
写真をいただき、後日メール等でデザインを提案。
決定したものをお茶の袋に印刷、リクエストのお茶をお詰めしてます。

今回は
・「緑っぽいイメージで」
・「我が家に笑顔が増えました♪の文字をいれたい!」
というリクエストをいただき、デザインさせていただきました。

裏面にも

【原材料】緑茶と〇〇家の愛情♪

など、ちょっとした「遊び」も記載できます笑

<かわいいお客様>
出産の内祝いにお茶を2
どの赤ちゃんも、とにかくかわいい!
その幸せエネルギーをもらい、私自身もパソコン前でニコニコしながら取り組ませていただいてます。

<完成!>
今回は男の子ということもあり、「よかにせ」とセットに。
出産の内祝いにお茶を3
お渡し後、お客様から

「母はしばらく持って回ろうと話していました(*^^*)」
「祖父がとても喜んでました(*≧∀≦*)グループホームに入所中の祖母にも持っていって見せてくれたとのこと(*^^*)お茶は正解でした!ありがとうございます!」

という喜びの声をいただきました。
お茶を通した幸せのシェアをさせていただき、こちらこそ感謝です。

こちらのオリジナルパッケージ、まだ試験的な取り組みではありますが、メールやお電話でもお問合せを受け付けております。
もしご興味ございましたら、お気軽に下記までどうぞ!

<メール>info@ochasaka.com
<TEL>0986-52-0304

出産祝い以外にも、結婚祝いの引出物、お店のアメニティーなどでもご利用実績がございます。

・お茶なら年配の方にも喜んでもらえるし、好き嫌いがない
・軽いし日持ちするので、贈る方も贈られる方も安心
というのも人気の理由みたいです。

みやざき茶ポーター

3/23に、今年度の「みやざき茶ポーター認定式・交流会」が開催されます。
主催はみやざき茶推進会議(茶業関係者と行政の団体)です。
今回よりプロジェクトチームの一員として参加させていただいています。
みやざき茶ポーター
茶ポーター=茶+サポーター→応援してくれる人
     =茶+ポーター→楽しさや情報を運んでくれる人

という意で、<CHA>を定義としました。
・C=Circle(仲間)として
・H=Heavy user(ファン)として
・A=Action(行動)を共にしてくれる方

要するに「みやざき茶ファンクラブ」的なことで、まずはお茶の本質と茶ポーターの意義を理解いただきつつ、茶業関係者との交流を深めようというのが今回の目的です。

「お茶屋さんとお客さん」という関係から一歩ずつ歩み寄り、有意義な情報交換をさせていただきながら、業界の活性につながればと思います。
また、コアなファン層の意見を直に聞けるチャンスでもあり、今後の自身の展開にも繋げていきたいと思います。

本質を「つなぐ」人になる

先日3/8・9の2日間、2014宮崎合宿セミナー「市場創造」を開催しました。
様々な経緯のなか実行委員長を務めさせていただく事になり、1年をかけて準備を進め、大きな感動のなか無事全日程を終了することが出来ました。
2014宮崎合宿セミナー「市場創造

<講師の皆様>
3/8
有限会社スタイルビズ 村山らむね様
株式会社友和商会 佐分利和宏様
アイランド株式会社 粟飯原理咲様

3/9
紅茶専門店京都セレクトショップ 中野光崇様
株式会社イージー 岸本栄司様
有限会社スモークエース 穴井浩児様

これ以上ない豪華講師陣を迎え、「市場創造」をテーマに講演いただいたのですが、不思議な事に皆さんおっしゃることは統一されていました。
それは「本質」。

初日は国内トップランナーの方々のその「やり方」、そして2日目は崇高な「在り方」だと感じました。

「お茶」という市場。
そして「宮崎」が、どう市場創造していくのか。
沢山のヒントをいただきました。

私自身、生産家ではないので、最高のお茶を作ることはできない。
今まではそれを「伝える」事が仕事だと思っていましたが、それだけでは不十分。
お茶と人を、「つなぐ」ことが必要だ。

本質を「伝える」事は大事だが、一方通行になり兼ねない。
「つなぐ」事で双方向性が生まれ、継続的な循環が生まれる。

茶葉を売るのは誰でも出来る。
さらにそこから、本質的な体験や経験に広げ、お茶以外の業界や宮崎全体を巻き込み、国内外につなげていく。
私だからできる、そして宮崎だからできる市場創造人になる。

2日間を通して、たどり着いた現時点での私の答えです。
道のりは長いですが、試行錯誤しながら仲間と夢に向かって邁進します。

素晴らしい講演をいただいた講師の皆様。
遠路、宮崎まで足をお運びいただいた県外参加者の皆様。
当日、無理を聞いてくれてお手伝いもしてくれた県内参加者の皆様。
1年をかけて共に頑張った、実行委員会の皆様。
そして最後に、運営にあたり多大なご支援をいただいた(株)グリーゼの江島民子先生、私を引き上げてくれたスモークエースの穴井浩児さん。

皆さんのお陰で、最高の2日間となりました。本当にありがとうございました!
ページの先頭