店長のくつろぎブログ
ホーム店長のくつろぎブログ > 2013年06月の記事

幸せのおすそわけ

先日、東京のお客様より「Mujii」(むじぃ)のご注文をいただきました。

「Mujii(むじぃ)」=都城の方言で「かわいい」の意。お茶にもっと親しみを持ってほしくて、こう名付けました。
20130627-group600.jpg

結婚式後のプチギフトとしてゲストの皆様にお渡ししたいとのご依頼でしたので、「幸せのおすそわけ」のメッセージと共にラッピングさせていただきました。
20130627-wrapping1.jpg

Mujiiを作ったのは、若い方にもっとお茶に興味を持っていただきたいというのが一つ。
また、「お茶=仏事のギフト」のイメージが強いので、これを覆していきたい。
御中元やお歳暮以外にも、ふだん使いのお祝い事に選んでいただければ・・。

そんな思いもあって作った商品なので、こういった「ハレ」の日に関われるのは本当に嬉しいのです。

お茶の葉は永年性の常緑樹で、枯れ落ちる事はありません。
またお茶の根は、土中で縦横に広がりその地にしっかりと根付きます。
縁起がいいと思いませんか?
<お幸せに♪>
20130627-wedding.jpg
(掲載の許可をいただいております)

これからも「幸せのおすそわけ」のお手伝い、続けていきます。

Mujiiについては、こちら

感動するために、生きている。

先日、札幌より戻りました!
(みやざき物産展@さっぽろ東急百貨店に出店してました)
今年もたくさんのお客様にご来場いただき、ありがたい出会いが沢山ありました。

あるお客様は、

「感動した事があったから」

と期間中にわざわざ再来店くださいました。

お茶も美味しかったんだけど、それ以上に「同封の別紙」に感動した、とのこと(!)
20130511-siryou%20004.jpg

当店の粉末緑茶「挽茶物語」をお買い上げいただいたのですが、説明の要約は外箱やしおりに記載しているものの、それ以外にお伝えしたいこと、例えばお客様にお聞きした目からウロコの使い方や、感謝の言葉、宮崎のお茶のこと・・を書いたものに対して、でした。
それがとてもわかりやすく、考えられている、とおっしゃっていただきました。

初めての事で、私もビックリ。
B5サイズの、白黒文字だけの1枚の紙なのです。
正直、今まで「これって読んでもらえてるのかな?」と思う時もありましたし、入れ忘れることもしばしば・・

でも確かに製作当初はいろんな思いを込め、初めての方にもわかりやすいように、興味を持ってもらえるように・・と試行錯誤して作ったものです。

その思いを理解し、感動したと言っていただける日が来るなんて、考えもしませんでした・・
こちらこそ感動でした。

お客様に

「せっかく生きてるんだから、毎日感動したいと思ってる。ありがとう。」

と言われ、私自身も改めて日々の過ごし方や、仕事への取り組みを鑑みるきっかけをいただいた札幌での出来事でした。

番茶=ほうじ茶?

いま、北海道に来ています。
さっぽろ東急百貨店で開催されている「第22回 宮崎の物産と観光展」出店のためです。
(6/13~6/19※最終日はPM5時まで!)


毎年恒例でこの時期に伺っているのですが、宮崎の梅雨から逃げて涼しい避暑地へ・・のつもりが、宮崎より高温の日があったり、雨が多かったり。。
ただ宮崎よりは確実に湿気が少なく、過ごしやすいのは間違いないです。

そんな札幌にもかれこれ10年近く出店させていただいてるのですが、初めて伺った時に驚いた事が。

お客様「番茶はないの?」

私「ありますよ!こちらです。ご試飲されますか?」

お客様「これは番茶じゃない。もっと茶色いやつよ!」

私「!?」


この後さんざんお客様と口論の末、判明したのが北海道では

番茶=ほうじ茶

だと言う事!

一般的に「番茶」とは、
①摘んだお茶の中から大きい葉を選別した「番外編のお茶」
②収穫期を過ぎた秋冬に摘む「晩成のお茶」
③番傘・おばんざいなど、普段使いという意味の「番」
など諸説ありますが、要は葉の大きい緑色のもの。

<番茶>
20130614-300px-Green_tea_Bancha.jpg

これを強く焙煎したものがほうじ茶(焙じ茶)なのですが、なぜか北海道(東北でも一部言うそうです)では「番茶」とも言うそうです。
(ちなみに本来の番茶のことは「生番茶」と呼ぶのだそう。これもまた独特の表現!)

いまだになぜ「番茶=ほうじ茶」なのか謎はわからないままなのですが、「あんな事があったわよねぇ笑」と、今でもそのお客様とは毎年良いお付き合いをさせていただいております。

ホームページ、できました!

この度、ようやく「お茶のさかもと」のホームページをオープンすることができました。

これまでお問い合わせをいただいていたお客様とは今まで以上に、そしてまだ私共をご存知なかったお客様とは新しく繋がる機会をいただける。

「お茶を通した、心うるおす時間」をご提案できる事に、今はとても喜びと期待を膨らませています。

まだまだ稚拙な内容ですし、対応も不十分な点など多々あるかと思いますが、皆様に喜んでいただけるサイトになるよう努力して参りますので、どうか末永いお付き合いをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
またお気づきの点等ございましたら、どうぞ遠慮なくお申し付けくださいませ。

また、このサイト開設に際しては、沢山の方々のご協力とご支援をいただいたおかげで、オープンすることができました。
この場を借りて、関係いただいた皆様に心より感謝を申し上げたいと思います。

企業として、人として、ネット・リアル共に成長することが皆様への最大の恩返しと考えております。
どうか今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。


お茶のさかもとウェブショップ
店長 坂元寛之
ページの先頭